201501

2015年01月28日

http://www.boatrace.jp/kn/15_sasakawa/こちらがオールスターファン投票サイト

http://sp.macour.jp/s/sasakawa42/スマートフォン用サイト

2015年も明けて間もなく、SGオールスターのファン投票がスタートしたとの情報をいただきましたので、早速ネット投票してみました。ちなみに私は舟券並に悩みながら、各地区1名づつ選んでみました。まずは九州地区からです。

私の中では九州地区は悩む必要がありませんでした。『瓜生正義』一択です。上位は確実ながらも投票せずにはいられませんでした。昨年はF休みで出られませんでしたから、今年こそは出場してほしいところ。というか全SGで見たい選手の一人です。

次に中国地区。ここは候補が複数出現。『白井英治』『今村豊』『茅原悠紀』『吉田拡郎』『寺田祥』といったメンバーが気になる所。しかしながら、ここは『茅原悠紀』に決定。グランプリ制覇で知名度は一気に全国区。二度目のSGを勝てる能力はもちろん健在。これからニュージェネレーションを牽引していく存在です。けど優先出場権があったのですね。忘れてました。 

少数精鋭の四国地区からは女子レーサーを選んでみました。この地区は男子よりも女子の方が目立っている感じがします。そんな中、私が選んだのは『平高奈菜』。男子勝りのアグレッシブなターンが魅力的。同地区のすでに偉大な存在となりつつある『平山智加』に追いつけ追い越せと頑張ってもらいましょう。

そして、群雄割拠の名レーサーが揃う近畿地区。ここは『松井繁』『今垣光太郎』『中島孝平』『太田和美』『丸岡正典』『湯川浩司』などなど豪華なメンバーが揃っています。そんな中で、私が選んだのは『中島孝平』。高レベルな走りを常に見せるも、SGは賞金王のみ。そして、なんと言っても真摯な男。なんとか今年辺り二度目の戴冠狙ってほしいです。

続いて東海地区。ここも豪華ですね。『池田浩二』『菊地孝平』『原田幸哉』『服部幸男』などなど、クールなメンバーが揃ってます。そんな中、選んだのは『池田浩二』。やはり私の中では池瓜なのですね。この二人が最強なのです。 ボートレースを始めたのが全盛の2011年ですから思考はガチガチです。ミーハー過ぎますが、抗えません。

最後に関東地区。ここは群馬に目が行きがち。『山崎智也』『毒島誠』『秋山直之』と揃っています。そんな中、ついつい選んでしまったのが『石渡鉄兵』。江戸川の英雄を選んでしまいました。最近は大舞台であまり活躍できていません。更には江戸川でもやらかしてしまうのを見かけますが、候補にいる限り投票してしまいます。SGだともう少し上積みが必要ですが、優しさの中に秘めた闘志に心惹かれてしまうのです。なんとか奇跡的に一つタイトルを手にしてほしいのも夢。

というわけで、今回はSGオールスターへのファン投票をお伝えしました。オールスター開催は、まだまだ先に感じますが、あっという間にきてしまうのでしょうなぁ。

2015年01月25日

 宮島で開催された宮島チャンピオンカップは嬉しいことに、1号艇今垣光太郎選手がイン逃げを決め優勝。これでG1はV25。2014年福岡G1から二年連続でのG1制覇となりました。今節はドリーム1号艇に選ばれるも原田幸哉選手に負けて2着。精彩を欠く出だしとなってしまいましたが、2日目6号艇でリカバリーの1着。次の3号艇では00スタートで捲り差し。この辺りから勢いが加速しました。

 2日目から得点率トップに立つと、周りの上位陣が予選終盤に脱落していく中、自身は舟券圏内をキープし続け、そのまま押し切るという百戦錬磨の強さ。2013年辺りのFで苦しんでから今垣選手にしては不甲斐ない成績が続き、福井支部は中島孝平選手の一人柱となってしまったかと思いましたが、昨年の福岡G1から復調してきたのでしょうか。是非今年こそSG制覇の瞬間を生で見たいです。光艇復活へ、2015年好発進です。

 2着4号艇毒島誠選手は流石の走り。初日1号艇で敗れた時はFの影響を感じさせ、その後もFが足かせになっている様子はありましたが、ファイナル4号艇まで持ってきたのは旋回力。現時点では最も素晴らしいターンを発揮する選手かもしれません。去年のグランプリ覇者である茅原悠紀選手と甲乙つけがたいといった感じですかね。優勝戦でも前を行く今垣選手にプレッシャーを与え続けました。今年も待たれる二度目のSG戴冠が期待できそうです。

 最後に今節の残念賞は原田幸哉選手ですかね。原田選手はドリーム制すも予選最後の1号艇で自滅。復活の兆しは若干ありましたが、残念な形でフェードアウトしていきました。久しぶりのG1制覇を期待しただけに、見ていたこちらも不完全燃焼です。終わった選手ではないと思うのですが・・・。

 次回のG1は住之江太閤賞。また嬉しい結末を期待します。舟券は絶不調ですが。 

2015年01月18日

 今年最初のG1・唐津全日本王者決定戦は嬉しいことに、応援していた瓜生正義選手がイン逃げを決めて優勝しました。しかも準パーフェクトVという素晴らしい成績でした。振り返れば初日の連勝で波に乗ると、2日目のドリーム戦で勢いが加速。外枠でも6号艇で3着、5号艇ではトップSTから5コースまくりで1着と素晴らしい内容。準優でも不利な向かい風が強い中でしっかりとイン逃げ。そして優勝戦1号艇をガッチリと確保すると、危なげないイン逃げを披露してくれました。

 去年は瓜生選手にしてはSG連続Vを逃すなど、良い年とは思えない成績で終わってしまいました。しかし今年は初っ端から不安を一掃させてくれた今節となりました。瓜生選手には突っ走ってもらって、昨年の山崎智也選手のG1V5を超える成績を残してもらいましょう。

 二着には4号艇池田浩二選手。結果的にはビッグネーム大本命の池瓜でした。しかし池田選手は今節2度の1号艇で取りこぼし。最近は一般戦での取りこぼしも見かけます。絶対的なオーラをまとっていた頃の1号艇最強時代は戻ってくるのでしょうか。中堅になりつつある若き96期のSGウィナー三人衆の3着争いも良かったです。とにかく好メンバーが揃った良いG1優勝戦でした。次の舞台は宮島チャンピオンカップ。楽しみは続きそうです。
 

2015年01月14日

 唐津にてG1全日本王者決定戦開設61周年記念が開幕しました。2015年最初のG1ということで注目を集めます。初日が終了しまして、すでに気になる選手が出現。まずは展示タイムが良く万舟提供の青木玄太選手。滋賀支部期待の若手です。守田俊介選手や馬場貴也選手を目標に、今節F持ちですがブレイク狙います。

 次も展示タイムが光る丸岡正典選手。着もまとめてきました。多摩川では同期の井口佳典選手がF2となってしまいました。田村隆信選手もすでにF2です。変な感じの銀河系ですが、丸岡選手は良い方向に向かってもらいましょう。

 最後は何と言っても、贔屓の瓜生正義選手。唯一の連勝スタートを決めてくれました。しかも明日はドリーム1号艇。勝って予選上位突破が見える位置につけてほしいです。昨年の終盤は調子が今ひとつでした。年齢的なことを心配してしまうような内容でもありました。そんな不安を払拭してもらうためにも、年明けから全開で活躍して欲しいです。

 他にもグランプリ優勝を期待させてくれた白井英治選手や、G1V5の活躍を見せた山崎智也選手、などなど豪華メンバーが揃った唐津。今年もアツいボートレースから目が離せそうにありません。

ギャラリー
  • 第63回ボートレースダービー(瓜生正義)
  • 第61回ボートレースメモリアル 優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

2011年秋からボートレースにハマってます。新参者です。ボートとラジオと海外ドラマによって体が構成されています。自分の目から見えるボートの世界を呟きます。
カテゴリー