赤岩善生

2013年10月25日

私が持つ赤岩善生選手のイメージは「蒲郡」「ストイック」「整備巧者」。蒲郡での強さは他の追随を許しません。私が初めて赤岩選手を知ったのは2011年蒲郡で行われた東海地区選手権競走。ボートレースを始めたばかりで選手のデーターを見るのが新鮮だった頃。A1選手のデーターの凄さに驚いていたのですが、そのA1選手を従えて優勝してしまった赤岩選手はどれだけ強いんだと思ったのを記憶しています。

赤岩選手が気になり調べて行くと自衛隊出身でストイック。そのことが糧になっているのか整備力も高く、体も鍛えあげられています。しかしそんな赤岩選手ですがSGは賞金王シリーズしか勝てていないのです。

そもそもなぜ賞金王シリーズはSGの中で格下に見られているのか。それは賞金王決定戦に出場するメンバー12人が出場していないからでしょう。その年に活躍した上位12名が出場していないのはやはり格下になると思います。優勝賞金も低いです。その賞金王シリーズしか勝てていない赤岩選手に真のSGを勝って欲しい。それを願いながら見ていますが、未だに賞金王シリーズ以外は取れていません。

私が見ている中で一番惜しかったのは2013年常滑グランドチャンピオン決定戦。かなり有利な状況で予選トップを取れそうだったのに最終日で6着大敗。予選トップを取ることに失敗し、その後優勝戦まで進むも優勝することはできませんでした。正直SG選手の中では外枠を苦手とする選手です。しかし今後もチャンスはあると信じています。なんとか真のSGを勝って欲しい選手です。

3946赤岩 善生
スタートA
1コースA
2コースA
3コースB
4コースB
5コースD
6コースD
メンタルA
整備力S
旋回力B
蒲郡S
総合A
  

ギャラリー
  • 第63回ボートレースダービー(瓜生正義)
  • 第61回ボートレースメモリアル 優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

2011年秋からボートレースにハマってます。新参者です。ボートとラジオと海外ドラマによって体が構成されています。自分の目から見えるボートの世界を呟きます。
カテゴリー