選手観察

2015年04月07日

今、起きている異変。一つは桐生順平に起きている。SG制覇をしてからのG1戦。安定感と強さが増しているように感じる。これは他のレーサーにも見られたことで、昨年の吉田拡郎や一昨年の毒島誠にも起きていたように思えた。SGVという大きな出来事をきっかけに、リミットが一段階上がることがある。今、正に桐生順平はその状態に入っているように思える。現時点で予選トップ通過が見えてきた大村G1。桐生順平が大仕事を成し遂げそうだ。

これがプラスの異変ならば、今回注目したいのはマイナスの異変。それは瓜生正義に起きている。

瓜生正義は昨年、前人未到の6年連続SGVを目指すも達成することができず。その時も不安を感じた。しかし、この記録自体が大偉業。瓜生正義と言えども難しいことなのだ、と自分を納得させた。そして、年明けの唐津G1全日本王者決定戦。見せてくれたのは、いきなりのG1V。やはり、瓜生正義。良かった。私の憂いは払拭できたように思えた。またしても上昇し始めるのだろうと嬉々とした。

しかし、それが起きたのは唐津G1九州地区選手権でのこと。九州という括りの中では強さが違う、と見せつけんばかりに1・2着のラッシュ。その時は後に優勝することとなる川上剛も好調で、その川上剛に次いで予選を2位で突破。優勝戦2号艇以上は確定したな、などと考えていた。だがしかし、その準優勝戦でF。前付けがあり、進入が深くなったとはいえ、上昇しつつあったムードに水を差すような事故だった。

そして、その後の芦屋G1・常滑G1では共に予選突破すらならず。更には先日の尼崎SGにおいて、またしてもF。これでF2となると、最終日には転覆失格。目を疑うような、あの瓜生正義とは思えないような、成績が続いてしまっている。

それはまだ続いているようで、今節の大村G1。初日ドリーム戦はSTが行けないがゆえの敗戦。納得はできた。不安を募らせたのは二日目の6号艇。スリット通過後の1周1M。絶好な角度とスピードで旋回しているように見えた。しかし、その旋回は他艇の引き波によって、完璧に打ち負かされてしまった。上位争いができるような旋回に見えていただけに目を引いた。これだけではない。昨年や、F2になってしまうまでの戦いの中でも、旋回負けしているようなレースが増えているように感じる。ターンで魅せてきたレーサーなだけに、このようなレースが目立つのは良いことではない。

瓜生正義に起きている異変。これは不運の重なりで、まだまだ瓜生正義の波は上がるものだと信じたい。


「桐生順平」の画像検索結果     「瓜生正義」の画像検索結果

今対象的な位置にいるかもしれない二人。桐生順平はこれまで瓜生正義が居た次元に突入。瓜生正義にはなんとしても、その次元に戻ってきてほしい。



 

2015年04月06日

2013年9月に初めて私が書いた桐生順平選手への記事。その記事の内容は、桐生選手をあまり好意的ではないが気になる、といったことでした。それから約一年半後。桐生選手は成長しつづけ、見事にSG初制覇。その折、私にも芽生え始めた、この感情。

『・・・。』

そうなのです。心を大きく揺さぶられ、桐生選手が好きな選手ランキングに急上昇チャートイン。こんなことは初めてです。私がボートを始めてから、約1100日(たったの3年か)。こんなに振れ幅が大きかったレーサーはいません。原因は分かりません。SG制覇したことが大きいことは確かですが、SG制覇しているレーサーで嫌いなレーサーもいます(汗)。とにかく、新たな新境地に突入した2015年。ボートレースが更に楽しめそうです。

最新版妄想値 

4444 桐生 順平
スタート A
1コース A
2コース B
3コース S
4コース S
5コース S
6コース A
メンタル A
整備力 B
旋回力 SS
異次元 S
総合 S


2014年03月14日

2014年2月の時点でSG優勝6回を重ねる超一流選手の一人。その容姿は大リーガーのイチローにどことなく似ている。1991年にデビューするとすぐに実力は新人の域を超え「怪物くん」と呼ばれるようになる。デビューから現在まで20年以上最前線で戦い続ける正に怪物。成長力は数少ない超持続型だろう。最近は「水上のレーザービーム」の肩書を持つ。

私が初めて太田和美の実力を知ることになったのは2012年のSGグランドチャンピオン決定戦。優勝戦はシリーズリーダーの1号艇吉田俊彦がインに構えた。太田和美は2コース2号艇。レースが開催されていた芦屋は24場の中でもインコースが強い水面。圧倒的に1号艇吉田が有利な中、太田は奇跡的な2コース戦を展開する。

1周1Mで太田はターンマークをかすめながらインの懐を突く超絶差しを披露。その差しハンドルは1号艇を瞬時に捉えて見せた。あの差しから逃げれる者はいるのだろうか。そのくらい限界的な旋回半径を描いていた。私が見てきた3年間でこれまで完璧な2コース差しをSGの優勝戦で披露した者は記憶に無い。1号艇の吉田俊彦にしてみれば不運としか言い様がないレースだった。

それから私の中で太田和美といえば2コース黒い勝負服となった。太田はその翌年にグランドチャンピオン決定戦を連覇することになる。2013年は前検から大幅なペラ調整をすることなく優勝するのだが。そのエピソードも印象的だった。私の中で現時点における太田和美の能力は大阪支部でナンバー1ではないかと感じている。握って回るスピード旋回も衰えを見せない所も脅威。というわけで2014年もSG優勝候補筆頭格だ。

3557 太田 和美
スタート A
1コース S
2コース S
3コース A
4コース A
5コース A
6コース B
メンタル S
整備力 A
旋回力 S
レーザー SS
総合 SS
 

2014年01月10日

分厚い静岡支部の層を担う一人。初めて徳増秀樹選手のデーターを見た時の印象は2コースの二連対率が異常な数値で驚愕したのを覚えている(80%後半くらいあったような)。そして最近では2013年のG1尼崎周年での優勝が印象的。特に優勝を決めるゴールで見せた敬礼はとてもカッコ良かった。

その時着用していた3号艇のカラーである赤色も徳増選手に似合う印象がある。レース場に入る時の私服も他の選手とひと味違ってオシャレ感たっぷり。外コースからも十分に着を狙える技量を武器にSG優勝を狙って欲しい選手である。その時のゴールではまた敬礼が見たい。
 
3744 徳増 秀樹
スタート A
1コース A
2コース A
3コース A
4コース B
5コース B
6コース C
メンタル A
整備力 A
旋回力 A
敬礼 S
総合 A
 

2014年01月04日

スタートタイミングというのはボートレースにおいて最も重要な要素の一つ。早いスタートを決めると勝つ可能性は格段に上昇し、遅いスタートでは勝つことが厳しくなる。勝敗を決めるスタートタイミングの差はコンマ01という極限の世界で競われている。

ボート界ではスタート感という言葉があるように、早いスタートを決めるということは感性や才能なのかもしれない。そしてボート界ではその感性が突出している者たちが存在し、更にその中でも特異な者たちは「スタート屋」と呼ばれる。時代によってその称号を与えられる者が誕生し、これまでには瀬尾達也選手や菊地孝平選手がその称号を与えられてきた。

そして現在その称号を受け継ぐのが山田哲也選手だろう。一流と言われる者たちの平均STタイミングがコンマ15。しかし最近の山田哲也選手の平均STタイミングは脅威のコンマ12。このコンマ03の差を武器にSGやG1での活躍が期待される。そして2012年のSG全日本選手権ではSG初優出し覚醒したかに思われたが、2013年はフライング事故の影響もありA2級にランクを落とすなど不本意な成績に沈む。山田哲也選手は東京ファンが待望する「新・東都のエース」になれのか。

4297 山田 哲也
スタート SS
1コース A
2コース B
3コース B
4コース A
5コース B
6コース C
メンタル A
整備力 C
旋回力 B
東都 A
総合 A


ギャラリー
  • 第63回ボートレースダービー(瓜生正義)
  • 第61回ボートレースメモリアル 優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

2011年秋からボートレースにハマってます。新参者です。ボートとラジオと海外ドラマによって体が構成されています。自分の目から見えるボートの世界を呟きます。
カテゴリー