2015年05月30日

第42回ボートレースオールスター 準優勝戦 その2 二人の天才!

85期である丸岡正典が2着ながらも優出成功。俺も必ず。そんな思いでこのレースを迎える1号艇湯川浩司。絶対に負けない。そんな思いが極限のタイムバトルとなる。コンマ03のフライング。SG準優1号艇でやってしまった。

仕方がない。他艇が0台スリットで攻めてくる中、行かなくても地獄、行っても地獄。そんな、苦しいレースとなってしまった湯川浩司は運が無かった。これでしばらくSG戦線で見れなくなってしまう湯川浩司。思えば昨年、SG連続出場記録が途切れたことが話題となった。それほどまでにSG常連となっていた湯川浩司がしばらく見れないのは寂しいことである。白熱のレースに戻る。

湯川浩司がFとなり先頭から消えて行く向こう正面。激戦となっていた先頭争いをしている一角は、なんと大外となっていた5号艇服部幸男。マクリ差しという技術を艇界にもたらした元祖天才は、新世代・篠崎仁志・桐生順平・新田雄史・下條雄太郎らが集うこのレースにおいて、誰よりも若いレースをしていたのだ。だがしかし、SG初優出が期待される新世代篠崎仁志が我武者羅に食い下がる。

篠崎仁志が内側から舳先残して2M先マイを狙う。が、次の瞬間、幾多のSGレーサーが苦しむ大村の2Mに篠崎仁志も翻弄されてしまう。握って攻めた篠崎仁志のボートは船底が見えるほどにバランスを崩すと失速。すると、百戦錬磨の雄、服部幸男が冷静機敏に先頭に踊り出た。

元祖天才レーサーはやはりオールスターで決めてきた。これで3年連続のオールスター優出である。実は私は信じていた。これまた根拠の無い自信。服部幸男は優出を決めてくると。それを信じ購入した舟券を確認する。・・・2-5-13と1-5-23。激しく後悔。服部幸男を僅かに疑い2着で買ってしまった自分に呆れた。どうでもいいので、再びレースに戻る。

他艇を後目に抜け出す5号艇服部幸男。SG準優勝戦はここからが本番である。新世代によって熾烈を極める2番手争い。篠崎仁志・桐生順平・新田雄史が激突する。2周1M絡み合う3艇。僅かに優勢に見えた桐生順平が旋回を開始する。そこに、一番大勢不利な所から一発逆転を狙う新田雄史が切り返しを図る。その2艇を行かせて全速の最内差しを狙ったのは篠崎仁志。向こう正面、優勢なポジションを得たのは篠崎仁志だった。

激しくなりそうな勝負が決まったのは次の2周2Mだった。内に篠崎仁志、外に桐生順平が同体で並走し突入する2M。篠崎仁志は警戒した。桐生順平の必殺全速旋回を。当然である。警戒しないほうがおかしい。そして、握る篠崎仁志。桐生順平を張りに行く。正解に思えた。というか完全に桐生順平はツケマイ全速旋回の態勢に入ったように見えた。改めてリプレイで見てもそうとしか思えない。だがしかし、吹っ飛んでいったのは篠崎仁志、ただ一人だった。消えるかのような超絶フェイント。全速と見せかけて差したのだ。数々のSGで積んできた経験値が彼を更に強くしていく。新世代の天才が元祖天才と優出。この二人の天才が波乱のレースを締めくくった。
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第63回ボートレースダービー(瓜生正義)
  • 第61回ボートレースメモリアル 優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

2011年秋からボートレースにハマってます。新参者です。ボートとラジオと海外ドラマによって体が構成されています。自分の目から見えるボートの世界を呟きます。
カテゴリー