2015年05月30日

第42回ボートレースオールスター 準優勝戦 その1 愛のある捲り差し!

多くの者が頭をよぎった、師弟ワン・ツー。弟子の丸岡正典は1号艇。圧倒的に優出が支持される中、師匠である太田和美は5号艇。ということは、それを実現するためには師匠である太田和美の頑張りが必要だった。相手は峰竜太や瓜生正義。決して容易なことではなかった。しかしながら、それは実現する。

進入はピット離れの影響もあり1234/56。太田和美が絶好の5カドとなった時点で、科学的な根拠はゼロの予感が強まる。太田和美が未だにモンスターたる所以。それは、技術と決定力と精神力が超一流だからだ。肝心な所で逸する偽A1レーサーとは違うのだ。そして、それはこのレースにおいてもそうだった。コンマ04のST。しかも、カド受けである4号艇平田忠則は凹んでいる。

『もらった!』

そんな心境が聞こえてきそうなスリットに心拍数が急上昇。ダッシュの分突き抜けていく黄色い流線。そのまま、一気に内側を叩いていく。4,3,2・・・。だがしかし、弟子の丸岡正典だけは信じていたし知っていた。太田和美は決めてくると。これが功を奏す。

超抜エンジンにあぐらをかくことなく、内側で唯一の0台STを決めた丸岡正典のボートだけが、太田和美の進撃を止めることができたのだ。その後は、丸岡正典が見つめていたのはターンマークだけだろう。差されるか否かは運にまかせよう。先マイだけを祈り、辛くもそれは達成した。

その光景を外側から愛らしく見つめる者がいた。師匠の太田和美だ。キツキツの旋回をする丸岡を、よしよし、とあやすようにマクリ差しを打ち込む。そして、それはザックリ、スパッと決まる。これで師弟ワン・ツーの達成。さすが太田和美。丸岡正典は師匠の偉大さを、改めて感じるのであった。
 


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 第63回ボートレースダービー(瓜生正義)
  • 第61回ボートレースメモリアル 優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

2011年秋からボートレースにハマってます。新参者です。ボートとラジオと海外ドラマによって体が構成されています。自分の目から見えるボートの世界を呟きます。
カテゴリー