2015年10月

2015年10月25日

今節も長きにわたって戴冠を待望されていた者が、SGウィナーの仲間入りを果たした。守田俊介。周りが天才と称するその才能の輝きは浜名湖でよりいっそう輝くこととなった。

優勝戦。不安視されたのは準優で見せたピット離れの悪さだった。そのレースでは隣であった2号艇の原田篤志が異常なモーターの仕上がりというのもあったのだが、危うくインコースを取られてしまいそうになるほどのピット離れを見せてしまった守田俊介。相手が原田篤志で良かった。これが松井繁であったのならば、あっさりとインコースを奪われていたかもしれない。優勝戦ではそこからすでに目が離せないものとなっていた。

響き渡るSGのファンファーレと共に勝負の水面へと飛び出す6色のボート。大丈夫、守田俊介はしっかりとピット離れをこなした。あとはいつも通りのことをするだけだ。しかし、それができないのがSGの優勝戦。実際に数多の1号艇が、あと僅かという所で散ってきた。

運命は自分次第。そんな大一番で守田俊介は自身で道を切り開く。彼は一人ゼロ台のスタートとなるトップSTを放り込んだのだ。これが優勝戦で見せた守田俊介の強い決意の表れだった。こうなるとあとは浜名湖が背中を押してくれる。強い追い風が吹く水面の中、守田俊介を脅かす影は見当たらなかった。唯一、地元の3号艇山田雄太がツケマイを打って出るが、守田には遥か遠く及ばず。一瞬にしてSGの頂きを手に入れた。

2着には地元唯一の優出となった山田雄太。これからが楽しみなの選手なのは間違いなく、そのスタート力には可能性を感じる。今節の優出はまぐれではないと信じている。3着に超抜モーターを手にした原田篤志。原田にとっては最大のチャンスだったのは間違いなく、このチャンスを活かしきれたとは言えない結果に悔やまれるかもしれない。

4着には松井繁。今節は王者の走りを遺憾なく披露。初日の連勝を見た時には、勝負どころの強さはやはり別格。久しぶりの覇道を見せてくれるかもというのを感じだ。しかし、優勝戦の走りは力強さを失っていたように感じた。年末で今節序盤のような勇姿が見られたなら、新たな歴史を見せてくれるだろう。

5着は太田和美。やはり、現大阪支部ナンバー1は太田和美なのではないかと思えるような安定感は流石。齢42にして怪物という名に相応しい走りを未だに見せる正に怪物。優勝戦では浜名湖の風が味方してくれなかったが、これからも幾度と無く大舞台でその光景を目にするだろう。

6着となった石野貴之も先日のSGVをしっかり糧とし成長を続ける。しかしながら、今の彼の視界には年末地元の大舞台しか見えていないのかもしれない。

こうして、天才と呼ばれた男が悲願の初戴冠を果たした浜名湖SGボートレースダービー。年末も飄々とすんなりと守田俊介が獲ってしまうのでは、とのようなことを感じながら来月ラストチャンスとなるSGチャレンジカップを待ちわびることとなる。

 

2015年10月20日

SGボートレースダービー開幕!9月にSGが開催されなかっただけで、こんなに長く感じるのですね。そんな待ちに待たれたSGが開幕したのですが、初日は良くない波乱が続いてしまいました。4Rでは4艇がフライング。その中には池田浩二選手も含まれていました。池瓜復活を望む者としては非常に残念な結果です。12Rドリーム戦では茅原悠紀選手が欠場。この欠場には白井英治選手が絡んでおり、白井選手は賞典除外となりました。茅原選手も0点発進で厳しい状況です。

池田選手が駄目なのなら瓜生選手に活躍してほしいとは思うのですが、初日二走を見る限り良いムードとは思えませんでした。一方奮闘したのは王者・松井繁。松井選手のモチベーションである賞金王出場を決めるべく王者が激走しました。やはり勝負どころでは超一流の走り。そんじょそこらの偽A1レーサーとは違うというのを感じさせてくれます。ここからは技術では計り知れない上昇を見せてくれるかもしれません。

前日から注目を浴びるエース機を味方に暴れまわりそうなのは伏兵・原田篤志選手。2Rでは太田和美選手に競り勝つ勝利。これは原田選手に勢いをもたらしそうです。モーター気配の良さを感じました。オープニングから見せてくれた1Rの山田哲也選手も良いのではないでしょうか。ダービーは優出経験があるSGです。あれが最後とならないよう怒涛の走りを期待です。

地元浜名湖から期待したいのは山田雄太選手。SG初出場ですが持ち前のスタートを武器に1号艇からイン逃げを決め水神祭をとなりました。勢いこのままに準優、優出と大活躍を期待です。

他にも注目選手目白押しなのはいつも通りのSGといったわけで、盛り上がりは上昇の一途。明日はどんな最高峰が見られるのか。非常に楽しみです。

 

2015年10月04日

G1大渦大賞IN宮島鳴門開設62周年記念の優勝戦は見事シリーズリーダーから毒島誠選手がイン逃げを決めました。これで前節の桐生周年からG1連続Vです。今節の、というか最近の毒島選手は無双モード突入中。SGウィナーがしばらく突入するようなゾーンに入っています。

そんな今節の毒島選手を見ていて、やはり前節の桐生Vが毒島選手にとって、とても大きなターニング・ポイントになったのではないかと考えました。桐生では優勝戦1号艇の悪夢が続いてしまいました。このことは毒島選手の歯車を狂わしてしうような精神的ダメージを残していたのではないかと考えます。そのダメージを回復する機会を自ら得て、しっかりとそれを活かして払拭することができた、ということが毒島選手を更に強くしたのではないでしょうか。あの悪夢を乗り越えることができた、という自信が毒島選手のリミッターを一段階上げたのかもしれません。

自らの勢いや成長を止めてしまう予期せぬ出来事というのは成長株の選手にはよく訪れてしまうもので、それを乗り越え払拭することが偉大なレーサーへの仲間入りを近づけます。確実に毒島選手はそのレールに乗ったのではないか、と思ってしまいした。前節の桐生V直後では、こんなことは思わなかったのですが、なんでか今節の宮島Vでそのようなことを感じてしまいました。

いずれにせよ、真価が問われるのはSGです。G1は50回くらい勝ってるバケモノでもSGは12回しか(しか?)勝っていません。とにかくSGで優勝ということが必要な世界なのです。どのコースからでも勝ちを狙えて、道中でも安定感ある走りを披露。この勢いのまま次のSGボートレースダービーに突入して一気に・・・。この勢いと強さがどこまで保たれるか分かりません。一寸先が闇なのも水上の格闘技の世界。今のうちにSGV2を決めてしまいましょう。まぁ、年末の賞金王でもいいのですが。







 

2015年10月03日

今、宮島でG1が行われていますね。そんな中、改めて凄いと思わせる出来事がありました。今村豊選手です。なんなんでしょう、あの旋回技術。年齢による衰えを確実に凌駕しています。今節はまくり差しをバシバシ決めています。波を超えてもスピードが落ちません。やはりバケモノです。今村豊選手は現在54歳。現在バリバリのA1レーサーで将来54歳になってもこんなターンができる選手が何人いるのでしょうか。名人世代を見ているとゼロに近いような気がします。超持続型。今村豊選手は誰も見たことのない世界を進み続けます。

そして、同じく宮島を走るバリバリ絶頂期のA1レーサーが毒島誠選手。今現在の毒島選手は正にやりたい放題。異次元のターンスピードにそんじょそこらのA1レーサーでは手が出せません。対抗できるとすれば、桐生順平、茅原悠紀、峰竜太、吉田拡郎の4人だけと私は考えます。そんな毒島選手は地元の桐生G1を優勝して勢いが止まりません。先に回れば負けようがないような気がします。

そんな二人が明日の準優では1号艇をゲットしました。まぁ、今村選手には酷ですが、このまま毒島選手が連続Vを決めてしまうような・・・。とにもかくにも宮島G1に大注目です。

 

ギャラリー
  • 第63回ボートレースダービー(瓜生正義)
  • 第61回ボートレースメモリアル 優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • 第61回ボートレースメモリアル 準優勝戦
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
  • お盆を利用して・・・
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

2011年秋からボートレースにハマってます。新参者です。ボートとラジオと海外ドラマによって体が構成されています。自分の目から見えるボートの世界を呟きます。
カテゴリー